国際恋愛・国際結婚ブログまとめ

国際恋愛・国際結婚のブログのまとめ

今日も薄暗い一日。
しかも、なんだか肌寒い。
朝は足元の冷えが我慢できなくなり、オンドルを少し入れてしまったほど。

そして、息子は起きた瞬間に、
「おなか痛い…」とつぶやいた。なんだと。

彼の言う「おなか痛い」は決して言葉通りではなく、
「体調が悪い」という意味。
しんなりしているところ、熱を測ってみると37.4。微熱。
やはり本調子というわけではないようだ。

どうしようかなー。
今このくらいの微熱でも、幼稚園へ行ったらさらに発熱ということもありえる。
そうなると、先生にも迷惑がかかるし、
第一、山の上にある幼稚園までわたしが迎えに行かなければならないじゃないの。
←重大。

幼稚園を休ませるという選択肢も検討しながら、
水を飲ませたりヨーグルトをたべさせたところ、
息子は、すぐさま「おなか痛くなくなったYO---!!」と、
普段通りの機敏な動きが復活。

「お熱ないから!」と、まったく体温も計らせてくれなかったため、
その後の体温は不明なものの、
たいそう元気なようだったので、そのまま幼稚園へ行かせた。

そしてわたしは買い物へ。
スーパーへ行く途中、トースト屋さんに寄って、
戻ってくるまでに作っておいてもらえるようにお願いしておいた。

スーパー。
ピーマン(パプリカ)の見切り品が安かったのでたくさん買う。
見たところ、ちょっとだけ皮にしわが寄っているくらいなので問題ない。
どっちにしても、すぐに切って冷凍してしまうし。

そして、帰りにトーストを受け取って家へ。
0612-2
お好み焼きトーストなるもの。
中に結構がっしりしたお好み焼きが入っている。

日本のお好み焼きとはちょっと違う感はあるものの、
これはこれでおいしい。
ただ、残念なのは緑色の粉が青のりではなくてパセリなところ。

たこ焼きやお好み焼きは結構見かけるというのに、
青のりを売っているところは一度も見たことがない。なぜだ。

娘は最近、家に帰るや否や靴下を自分で脱ぎ、
わたしに「はい」と渡してくる。
0612-1
靴下が脱げた反動で後ろにひっくり返っていることもよくある。

そして、薄暗い中、ほぼ昼寝をして日中は過ごした。
どうせテレビを見てもずっと米朝首脳会談がらみのニュースだったし。
リアルタイムで目新しい情報はないのだから、
夕方にまとめて報道してくれればいいのにと思う。
(←スポーツも結果だけ見るタイプ)

夕方。息子を迎えに。
うちの目の前が工事現場になっているため、
息子は帰ってくるや否や、窓にぴったりくっついて離れず。

ここまではよかったのだけれども、
その後は息子となかなかの諍いをした。

きっかけは、息子がアイスでべたべたになった口回りを、
Tシャツの袖で拭いたこと。
朝も、同じようにヨーグルトがついた口を袖で拭い、
着替えさせながら、叱ったところだったのに、またやったわね!と。

で、今回もシャツを脱がせたのだけれども、
息子が「着替えたくない」「いやだ」「そでで拭きたい」と泣きわめき始めた。えー。

もう、いちいち聞くのもうんざりしてしまったので、
ただそのまま放っておくことにした。
その方が息子も早く切り替えができると思ったため。

そして、十数分後にようやく落ち着いた息子。
Tシャツも着て、さあ一段落。
さて、夕食。
ごはんたべたい、たまごたべたい、キムチたべたいと散々言ってきたというのに、
ほぼたべずに「ぼくたべない」と来た。

普段ならば、「じゃあ、明日も同じものたべてもらうからね」と、
そのままタッパーに入れて冷凍してしまうのだけれども、
今日はなぜかその息子の態度がとても気に障った。

このごはん、あなたがたべないとごみになるよ。
おかあさんはごみを作ったのかな。

息子は言った。
「うん、これ、全部ごみ」。

結果として、わたしは、椅子をひとつ壊してしまった。

それから、食事を全部さげ、一気に片づけをすることで気持ちを鎮めたのだけれど、
一体、三歳児との会話でわたしは何を求めているんだろう。
息子も売り言葉に買い言葉的な雰囲気で話しているだけなのに。
…などと、色々考えるものの、気持ちの折り合いがなかなかつかない。

当の息子は、きょとんとした顔をしながらも、
席を立つや、すぐにそのままトラックのおもちゃで遊んでいた。

その後も、わたしはほぼ「虚無」状態で、こどもたちの寝支度をさせて、
寝かしつけた。
そして、今こうしてパソコンに向かっているのだけれども、
心の中のもやもやとした澱はまだ残り続けている。

そういえば、まだ今月、命の母飲んでなかったな…。
ホルモンバランスのしわざなのか。
どちらかと言うと、そうであってほしいというところもあり。

表示されている内容はまとめ村が独自にキャッシュしたものです。更新内容など反映されていない可能性がありますので、最新の情報についてはオリジナルの記事を参照してください。

今日も薄暗い一日。

しかも、なんだか肌寒い。

朝は足元の冷えが我慢できなくなり、オンドルを少し入れてしまったほど。

そして、息子は起きた瞬間に、

「おなか痛い…」とつぶやいた。なんだと。

彼の言う「おなか痛い」は決して言葉通りではなく、

「体調が悪い」という意味。

しんなりしているところ、熱を測ってみると37.4。微熱。

やはり本調子というわけではないようだ。

どうしようかなー。

今このくらいの微熱でも、幼稚園へ行ったらさらに発熱ということもありえる。

そうなると、先生にも迷惑がかかるし、

第一、山の上にある幼稚園までわたしが迎えに行かなければならないじゃないの。

←重大。

幼稚園を休ませるという選択肢も検討しながら、

水を飲ませたりヨーグルトをたべさせたところ、

息子は、すぐさま「おなか痛くなくなったYO−−−!!」と、

普段通りの機敏な動きが復活。

「お熱ないから!」と、まったく体温も計らせてくれなかったため、

その後の体温は不明なものの、

たいそう元気なようだったので、そのまま幼稚園へ行かせた。

そしてわたしは買い物へ。

スーパーへ行く途中、トースト屋さんに寄って、

戻ってくるまでに作っておいてもらえるようにお願いしておいた。

スーパー。

ピーマン(パプリカ)の見切り品が安かったのでたくさん買う。

見たところ、ちょっとだけ皮にしわが寄っているくらいなので問題ない。

どっちにしても、すぐに切って冷凍してしまうし。

そして、帰りにトーストを受け取って家へ。

0612-2

お好み焼きトーストなるもの。

中に結構がっしりしたお好み焼きが入っている。

日本のお好み焼きとはちょっと違う感はあるものの、

これはこれでおいしい。

ただ、残念なのは緑色の粉が青のりではなくてパセリなところ。

たこ焼きやお好み焼きは結構見かけるというのに、

青のりを売っているところは一度も見たことがない。なぜだ。

娘は最近、家に帰るや否や靴下を自分で脱ぎ、

わたしに「はい」と渡してくる。

0612-1

靴下が脱げた反動で後ろにひっくり返っていることもよくある。

そして、薄暗い中、ほぼ昼寝をして日中は過ごした。

どうせテレビを見てもずっと米朝首脳会談がらみのニュースだったし。

リアルタイムで目新しい情報はないのだから、

夕方にまとめて報道してくれればいいのにと思う。

(←スポーツも結果だけ見るタイプ)

夕方。息子を迎えに。

うちの目の前が工事現場になっているため、

息子は帰ってくるや否や、窓にぴったりくっついて離れず。

ここまではよかったのだけれども、

その後は息子となかなかの諍いをした。

きっかけは、息子がアイスでべたべたになった口回りを、

Tシャツの袖で拭いたこと。

朝も、同じようにヨーグルトがついた口を袖で拭い、

着替えさせながら、叱ったところだったのに、またやったわね!と。

で、今回もシャツを脱がせたのだけれども、

息子が「着替えたくない」「いやだ」「そでで拭きたい」と泣きわめき始めた。えー。

もう、いちいち聞くのもうんざりしてしまったので、

ただそのまま放っておくことにした。

その方が息子も早く切り替えができると思ったため。

そして、十数分後にようやく落ち着いた息子。

Tシャツも着て、さあ一段落。

さて、夕食。

ごはんたべたい、たまごたべたい、キムチたべたいと散々言ってきたというのに、

ほぼたべずに「ぼくたべない」と来た。

普段ならば、「じゃあ、明日も同じものたべてもらうからね」と、

そのままタッパーに入れて冷凍してしまうのだけれども、

今日はなぜかその息子の態度がとても気に障った。

このごはん、あなたがたべないとごみになるよ。

おかあさんはごみを作ったのかな。

息子は言った。

「うん、これ、全部ごみ」。

結果として、わたしは、椅子をひとつ壊してしまった。

それから、食事を全部さげ、一気に片づけをすることで気持ちを鎮めたのだけれど、

一体、三歳児との会話でわたしは何を求めているんだろう。

息子も売り言葉に買い言葉的な雰囲気で話しているだけなのに。

…などと、色々考えるものの、気持ちの折り合いがなかなかつかない。

当の息子は、きょとんとした顔をしながらも、

席を立つや、すぐにそのままトラックのおもちゃで遊んでいた。

その後も、わたしはほぼ「虚無」状態で、こどもたちの寝支度をさせて、

寝かしつけた。

そして、今こうしてパソコンに向かっているのだけれども、

心の中のもやもやとした澱はまだ残り続けている。

そういえば、まだ今月、命の母飲んでなかったな…。

ホルモンバランスのしわざなのか。

どちらかと言うと、そうであってほしいというところもあり。

続きを読むキャッシュを表示

関連記事

  • 荷物を減らす日々

    • アンナ隊員日記 〜オタク男子がアメリカ人女性と国際結婚して日本に住んでたのに今になってハワイ移住を目指すマンガ〜
    • 2018-05-16 06:00:00



  • 反省の時間

    • シロクマとパンダ~とある外国人パパの育児・家事~
    • 2018-04-01 00:17:03


  • ハワイの日々

    • アンナ隊員日記 〜オタク男子がアメリカ人女性と国際結婚して日本に住んでたのに今になってハワイ移住を目指すマンガ〜
    • 2018-03-19 06:00:00