海外

檀君の肖像画…なぜ…日本に…!?檀君を信仰する日本の少数民族の正体「積極的に支援する必要がある」「全ては韓日戦争として処理されなければならない」

海外
スポンサーリンク

引用元:https://youtu.be/WDajE9QZSqE

檀君は、13世紀末に書かれた『三国遺事』に初めて登場する、一般に紀元前2333年に即位したとされる伝説上の古朝鮮の王。

『三国遺事』によると、天神桓因の子桓雄と熊女との間に生まれたと伝えられる。

『三国遺事』の原注によると、檀君とは「檀国の君主」の意味であって個人名ではなく、個人名は王倹という。

この記事への反応
国家レベルでは、ルーツを守ってきた子孫を支援すると同時に、世界文化遺産などの学術界や政界で、私たちの文化や子孫のアイデンティティを積極的にアピールすることも必要だと思います。
応援するべきだと思います。
日本のリーダーとして、歴史を正すために活躍してくれることを期待します。
韓国の歴史と精神を批判と蔑視に耐え、国家が早く進むようにと守ってきたのは偉大な韓国人です。
彼らの子供たちは尊敬され、応援されるべきです。
韓国政府が支援する
対策を講じる~!
埼玉に住んでいた時に行った狛神社でも、黙々と歴史を守っている人がいました。
尊敬に値する
在日朝鮮人は明治維新や日本植民地時代に消えたと言われていますが、今でも残っているのはすごいですね。
国内の歴史を操作する掲示板で誰のせいにしているのか、私たちから警戒して徹底的に歴史を正しく教育することが重要です。
急務ではないでしょうか?
少数派ではありませんが、日本人の多くは、高麗川、扶余、伽耶、百済、高句麗の末裔です。
イムナ本部は実は伽耶人が三道(日本)に渡ってから作った多属国なんだよ。
全ては韓日戦争として処理されなければならない
三国時代、朝鮮半島(特に百済と高句麗)は通過せざるを得ない地形であったはずだ。
そんな中、私たち独自の檀君信仰が不毛の地、日本で維持されていることを知り、その事実を発見し、知らせてくれたことに感謝します。
ありがとうございました。ご苦労様でした。
同胞のルーツは、こうして日本で暮らしている。
彼らが困っている時、危険な目に遭っている時、もちろん助けるべき。
だって、私たちは朝鮮民族なんだから。
ここの人たちが住んでいる住所を教えてください。
一度訪れてみたいです。
私は韓国の歴史が好きな人間です。
歪曲された歴史を正すことにも参加しています。
これは非常に有用な情報です。
実は日本には、昔の韓国の歴史にまつわる伝統を守っている村が結構あるんです。
特に百済に関する伝統を受け継いでいるところが多い。
在日、少数民族、檀家を崇拝し仕える者たち。
日本で地震や津波などの災害が発生した場合、持っていかなければ……。
積極的に支援する必要がある。
天皇陛下は在日朝鮮人です。
韓国は日本を開拓し、管理した。
実際、イギリスがアメリカの植民地を作ったようなもの。
ただ違うのは、アメリカは独立後、イギリスを侵略していないことだ。
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました