海外

円安と生活物価ショック、日本のジレンマ…「日本の今を見て、日本の未来に備える必要がある」「他人事ではないのです」

海外

引用元:https://youtu.be/S8luMxVDlEI

日本の経済では、日本の国民経済について述べる。

2020年の日本経済の規模は、自国通貨建て名目GDPを対米ドル市場為替レートによって単位換算することで計算される米ドル建てGDPで米国経済及び中国経済に次いで世界第3位であり、

自国通貨建て名目GDPを対米ドル購買力平価によって単位換算することで計算される国際ドル建てGDPで中国経済、米国経済及びインド経済に次いで世界第4位であった。

この記事への反応
また、昨年は外食のお米がずいぶん値上がりしたような気がします。
と感じるのは、ほぼ全時間帯のようです。
安かったスープの値段も以前より高くなったような気がします。
他人事ではないのです。
韓国は日本よりずっと高齢化が進んでいるが、海外投資資金の割合が少ない。
トッポギのたとえ話に洞察力を感じます。
とてもわかりやすく、楽しく理解できましたね。
結局、これから高齢化社会になる韓国でも予定されているので、他人事のように笑っていられません。
急速な高齢化でデジタル大国の地位も逃すかもしれない。
日本が未だにアナログな理由.元々、伝統重視の文化+老朽化の厳しい時代+国家は、元を変えるのが苦手。
地震や台風が頻発するため,デジタルで止めれば復旧して答えがない
私はフランス、日本、韓国に住んでいましたが、あのトッポギのたとえはとても洞察力に優れていますね。
海外に住まなくとも、シューカワールドにそのような見識があるということは、良い情報が入ってくるということです。
とても鋭いたとえ話で勉強になります。
隣の国のことを気にするのはまだ早い気がするが、しっかり楽しめた。
日本は今、人口構成にしがみつくのが偉い。
つまり、基本的な健康が怖い。
韓国がそうなのかどうかが問題だ。
私は日本に住んでいますが、とても現実的な説明をしています。
おっしゃるとおり、銀行の金利は低いので、家を買うときに永住権があれば、固定金利0.4%で住宅価格の120%まで融資を受けることができます。
電子化されると、逆に大したことないように感じてしまう。
ということを知ることができなかった。
日本を見てから20年、30年迷い、10年、20年後と言われています。
逆に考えれば、バブル期で高齢化率も高かったが、今のように3位を維持できていたわけだ。<br年後30年後、日本の高齢化率より高くなっているわけで、日本みたいに耐えられるのかなと思いますね。
日本:円高と物価のショック、日本のジレンマ
韓国:ウォン安と生活物価の影響、韓国のジレンマ
韓国では、若者や銀行、役所、そういうところの職員が、高齢者の携帯電話やハイチ端末の利用を手助けしていました。
無視できないインフラになっているようです。
輸出の利益を見るためには、消費を支えなければならないが、そうもいかない。
30年前から物価が上がっていないことの方が衝撃的です。
日本の心配してる場合じゃないから、韓国の方が深刻な状況。
悲しいかな、韓国の状況は、卵や牛乳、果物など庶民がよく訪れるものが血の気の多い価格になっているため、良いとは言えません。
日本の今を見て、日本の未来に備える必要がある。
若い頃、日本の先進国だと思っていましたが、「値段は似たり寄ったりだが、品質はかなり良い」に変えました。
日本は円高効果でおかしくなった企業の売上を記録した。
トヨタが最大の売上…
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました