海外

韓国のプリンセスは日本に捨てられた?「なぜ多くの韓国人が日本からの謝罪を受け入れないのかが分かった」「この無垢な魂がかわいそうだ」

海外

引用元:https://youtu.be/DuiK1PR3AaE

忘れ去られた朝鮮最後の王女、徳恵王女の生涯は悲劇的で劇的だった。

彼女は幼くして、植民地主義による王族の日本化計画の一環として、日本に連れてこられたのである。

そして38年後、ついに帰国する。

王女に何があったのか。

なぜ、彼女は長い間、日本に捨てられたのか?

この記事への反応
家族、夫、そして娘まで失ってしまったのですから、悲しいことです。
彼女がどれだけ落ち込んでいたのか、想像もつきません。
そうですね、彼女はとても悲しく、悲劇的な人生でした。
少なくとも、彼女は人生の最後の時期に韓国に戻り、再び宮殿で暮らすことができました。
お姫様や王族であることは、誰もが幸せな人生を送ることを保証するものではありません。
彼女は素晴らしい子供時代を過ごし、家族にとても愛されていたのに、悲しいことです。
彼らは彼女から素晴らしい幸せな人生を奪ってしまった。
悲劇的だ。
私は韓国の文化が大好きですが、最後の王女についてこれを知って、私は彼女が日本から、そして第二次世界大戦を通して、この非常に気のめいるような時間を過ごさなければならなかったことをとても悲しく思っています。
王室に生まれたのは彼女のせいではありません。
ご主人も助けようとしたようですが、とても残念です。
自分の娘までうつ病になり、家出してしまった。
それはどんな母親でも殺される。
このような扱いを受けるのは不公平です。
日本への移住は彼らの選択ではなかった。
Netflixで映画を見ましたが、とてもよかったです。
でも、王女の物語を知ると、とても悲しくなりました。
女優さんがとても上手に描写しているので、感情が伝わってきました。
彼女の苦しみは想像を絶する。
ひどすぎる。
残酷です。
西方へ逃れたニコライ2世の妹や従兄弟たちも、農民として暮らし、身につけていた宝石を売って生活するなど、貧しい暮らしをしていた。
しかし、そのようなことはない。
彼らは、ロシア人駐在員やウィンザー王族の助けを借りて、なんとかまともな生活を送っていた。
中国最後の皇帝、溥儀も同じ。
美しさ、富、地位、貴族や金持ちの家系であること、これらのすべてを備えた人と結婚すること、これらのどれもが幸せを保証したり意味したりするものではありません。
人が幸せになれるのは、他者からのプレッシャーを受けず、自ら選んだ人生を生き、他者への愛が等しく返され、それに応えることだけのようです。
とても悲しいです。
彼女がもっと幸せな人生に生まれ変わるチャンスがあったことを願う。
この無垢な魂がかわいそうだ
家族を失い、心の病と闘い、離婚し、娘は出て行き、家に帰れない、想像するだけで愛おしい😭😭
彼女の人生は悲しかった
誰もこんな目に遭う必要はないんだ
地政学に翻弄された無実の人よりも、非常に悲しい。
このような人生を送る資格のある人はいない。
もし娘が本当に自殺してなくて、誰にも見つからないように死んだと見せかけて普通に生活するために書いただけだったら…
まだ生きていて素敵な家庭を築いていたらどうしよう😳
悲しい……
こんなにも悲惨で喪失感があるなんて😢
若くして末期症状で大変だったんですね。
王族に生まれたことは決して大きな特権とは思えず、ただただストレスと檻の中。
なぜ多くの韓国人が日本からの謝罪を受け入れないのかが分かった
韓国の歴史について学ぶのが本当に好きなんです。
なんて悲しい人生なんだろう。
彼女のことを考えると、とても心が痛む。
プリンセスの悲しみはいかばかりか、来世がより良いものになることを願っています。
韓国の王族の悲しい運命が、イギリスのウィンザー家に起こるとは想像できない。
私たちの世代ではありえないかもしれない。
しかし、すでにその兆候はある。
最後の王は誰なんだろう。
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました