海外

第二次世界大戦の日本の意外な同盟国「日本は、他のアジア人を自分たちの大義のために獲得することはあまりうまくいかなかった」「アジアに進出するのが早くてすごい」

海外

引用元:https://youtu.be/T77ey_iqXuo

1941年12月7日の真珠湾攻撃直後、日本帝国は太平洋諸島と東アジアの欧米植民地・帝国主義地域への侵攻を開始した。

しかし、大日本帝国は拡張しすぎ、兵力が不足し、物資の不足に直面し、資源のための新しい土地の獲得と占領地からの兵士の徴集が不可欠となった。

これにより、日本列島との間に緩衝地帯を作り、太平洋とアジア大陸での拡張努力を続け、イギリス、オランダ、オーストラリア、フランス、ニュージーランド、アメリカのアジア植民地に対する圧力を維持することができるようになったのである。

この記事への反応
第二次世界大戦中、ポーランドは日本にとって思いがけない同盟国でもあったようだ。
ソ連に対する不信感を共有し、日本はポーランドのスパイを頼りにしていたとされ、日本政府はポーランドの宣戦布告を拒否したこともある。
東条英機首相は、英米がポーランド亡命政府に宣戦布告を強要し、法的に無効であると主張した。
私の祖母は、占領中、日本人が連れてきた朝鮮人徴用工は、通常の日本兵よりも残忍で恐ろしかったと言った。
日本の同盟国の中で、まだ言及されていない国がもう2つあります。
一つは、日本の成功につながったマラヤへの道を開いたタイです。
もう一つはフィリピン第二共和国で、これも日本の支配下にあった傀儡国家である。
シャムとインドネシアが言及されていないので、パート2が必要な気がする。
また、韓国人と中国人については、少し急いだ感じがするので、もっと説明が欲しかった
満州国軍の中国赤軍への編入は、先に蒋介石が行ったが、協力関係を理由に兵役を拒否され、最大の失敗のひとつとなった。
あなたは、イギリスが実質的にインド人兵士を日本軍に引き渡し、捕虜として連れて行ったと いう部分を省略していますね
それ故、兵士たちは自分たちが戦った大英帝国に裏切られたと感じていた
日本はアジアの国なのに、アジアに進出するのが早くてすごいと思う。
満州軍の大部分は日本軍で、その大部分は天皇の命令で降伏した。
ソビエトによる満州侵攻は戦争末期で、日本人とソビエト人は推定4万人で撃ち合うことができた。
満州には約66万人の日本人と朝鮮には33万人、満州国軍約20万人と蒙古軍4万人、そしてソビエト軍は150万人だったから、かなり少ない量だ。
降伏時の日本軍の兵力は760万人、それに100万人の同盟国と弟子を加えた合計約860万人でした。
正直なところ、私は第二次世界大戦中のアジアについてあまり読んだことがなく、日本が第二次世界大戦中にアジアに700万人以上の同盟者を抱えていたことも知りませんでしたが、特にアジアの様々な国と同盟していた彼らが負けたことに驚いています。
このビデオで第二次世界大戦中の日本やアジアについてもっと知ることができたので、ありがとうございました。
タイを忘れてはいけない。
タイは日本帝国の同盟国であり、第二次世界大戦中、タイ政府はイギリス領マレーに侵攻するために日本軍の土地への立ち入りを許可した。
日タイ同盟の理由は、日本人がタイ政府を脅したからだけどね。
もう一つ、歴史がめったに言及しない事実がある。
第二次世界大戦中に日本帝国陸海軍に従軍した韓国人と台湾人は、兵士、水兵、あるいは非戦闘員として40万人にのぼる。
台湾と韓国は1895年と1910年以来、日本の植民地であったからだ。
第二次世界大戦終了後、台湾と韓国は日本の支配から脱却しました。
ナショナリズムの問題から、この歴史は両国の暗い過去となった。
台湾では、90年代まで、学校はこの部分の歴史を教えることはなかった。
対馬の戦いはもうやりましたか?
日本人は同盟国にかなり恵まれていたんだと思う。
しかし、もしソ連とアメリカの介入がなかったら、中国は最終的に併合されていたと思う。
しかし、その場合、日本は何百万人もの犠牲者を出し、ソ連とアメリカの格好の餌食になっていただろう。
日本がありえない同盟国を持っていたと思うなら、ドイツがどんな同盟国を持っていたか見るまで待つんだ。
戦間期には、ポーランドがソビエトに対して日本に与えたすべての助けのために、日本のスパイ本部はワルシャワにあると言われていた。
それは戦争中も続きました。
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました