海外

豊臣秀吉の最も奇抜な津波戦術「大地震の調剤薬局も欠かせません」「強者が弱者を踏みにじることを望まない信繁は、三成に真の戦国教育を教えた」

海外

引用元:https://youtu.be/FVZPUaM1qng

豊臣 秀吉は戦国時代~安土桃山時代の日本の武将、戦国大名。天下人、武家関白、太閤。

三英傑の一人。織田信長の後を継いで天下を統一し、近世封建社会の基礎を築いた。

島津義久を破り九州を平定し、政権を確立、刀狩令や海賊停止令を発した。

北条氏を破り、関東や奥羽を平定し、天下統一を果たした。

太閤検地や刀狩令・惣無事令・石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。

その強力な権力・財政基盤をもとに聚楽第や方広寺大仏(京の大仏)などの豪華絢爛な建造物の造立にも着手し、桃山文化の発展に貢献した。晩年は明の征服を決意して朝鮮に出兵したが(文禄・慶長の役)、その最中に、嗣子・秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。

この記事への反応
日本史の深い解説をありがとうございました。
元々、降伏して終わらせるつもりでした。
石田三成は軍に目がくらみ淡々と終わるべきでないという失礼なことを言っただけだという。
天坊さんの日本の大河ドラマ評は本当に面白いですね。
強者が弱者を踏みにじることを望まない信繁は、三成に真の戦国教育を教えた。
映画の筋や状況を説明するのがとても上手ですね。
この映画を見ていて思うのは、奈落をバカにしながら助ける人たちの物語がよく描かれているということです。
参考までに、石田三成は文禄・慶長の役で海州山城の戦いで指揮を執った。
安国寺恵瓊、吉川広家らが負傷した。
イムランの後、関ヶ原・・・
何も言わなくてもわかると思う。
これは本当に名作ですね。
本当に楽しい映画でした
忍城の戦い…。
クレイジーな映画です(笑)
それ自体も楽しいです
映画の最後にある歴史解説が好きです。
壬申の乱の時、三成は安物の糞の代表的な料理だった。
個人的には李舜臣の作品は日本軍の指揮官のラインナップが超名門なので好きなのですが、海州戦はぜひ映画化してほしいです。
指揮官の兜が、家ごとの模様だけでなく、それぞれ個性があるのは、明らかに日本の個性の偉大な創造性です。
大変ご迷惑をおかけしたようです。
まあ、大好きな石田に2万円渡して軍備を整えさせればよかったんだけどね。
実際の政治では、ノボウのような人が大きなことをする。
馬鹿に見えるけど、深い考えを持っていて、身分が高いのに民衆と遊んだり交わったりすることに躊躇しないから、部下が従うのは当然だ。
なんといっても、武士の戦争映画ならではの魅力が溢れる映画です。
私は本当に軍隊でこの小説を楽しんでいました。
西洋と違って東洋だけで手芸が多いのは、ヨーロッパには大きな川がないから手芸ができないから。
戦国時代を知りたくて、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」を見ているのですが、これを見ていると、大河ドラマはおままごとみたいになってしまいますね。
これが2014年の映画とは驚きでした。
大地震の調剤薬局も欠かせません。
現在でも
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました