海外

抜刀隊、しかしサイパンでバンザイを先導する…?「なんという不義理だろう」「私の祖父はこの戦いに参加しました」

海外

引用元:https://youtu.be/FtfNtKVlys0

ホウ…ムカッテクルノカ…?

1944年7月6日までに、日本軍は退却する場所がなくなっていた。

斉藤は最後の自爆的なバンザイ突撃を計画した。

7月7日の夜明け、大赤旗を持った12人の隊員を先頭に、残りの健常者約4,000人が最後の攻撃に打って出た。

驚いたことに、その背後には頭に包帯を巻き、松葉杖をつき、ほとんど武装していない負傷者たちがいた。

日本軍はアメリカ軍の前線に押し寄せ、陸軍と海兵隊の部隊と交戦した。

第105歩兵連隊第1大隊と第2大隊は、死傷者650人以上となり、ほぼ壊滅状態であった。

しかし、この2大隊と第105歩兵連隊本部中隊、第10海兵砲兵連隊第3大隊の補給部隊の激しい抵抗により、日本兵4,300人以上、米兵400人以上死亡、500人以上負傷する結果となった。

7月7日の攻撃は、太平洋戦争における日本軍の最大のバンザイ突撃となる。

この記事への反応
私の祖父はこの戦いで戦いました。
日本軍が彼の陣地に到達したとき、日本兵が彼に飛びかかり、彼の首を絞めようとしたのです。
じいちゃんはアドレナリンで緊張しまくりで、敵の手が首にかかるのも感じなかったそうです。
サイパンは太平洋戦争で最も残酷な戦いの一つであるが、他の有名な戦いの影に隠れてしまっている。
この戦場では、劇場最大の戦車戦と、数時間に及び大隊の防御を全て破壊した、戦争最大かつ最後のバンザイ突撃が行われた。
明治天皇の時代、将軍家と天皇家の間で起こった内戦で、「抜刀隊」が作られた。
このメロディーは、フランスの軍楽隊の作曲家が、両国の関係を静めるためにフランスから天皇に送られたものです。
(フランスは戦前・戦中には将軍を支援したが、勝利が見込めなくなると将軍とその部下を見捨てたため、その後の天皇の政権がフランスを嫌うのは当然であった)
この作品は鳥肌が立ちました。
フィリピンにいた私の祖父は、パルチザンのレジスタンス部隊の一員として日本軍と戦いました。
そのため、銃器は持っていませんでしたが、農民であったため鎌やボロ(ナタ)を持っている人が多かったです。
彼が子供の頃、唯一話してくれたのは、彼と近所の人たちが夜、日本軍の部隊を攻撃したときのことです。
真っ暗で、彼が一番近くで見たのは、襲っている日本兵とその間の血だったそうです。
両側から叫び声が聞こえたそうです。
そして最後には、彼だけが叫び声をあげて残っていました。
日本兵が去った時、彼は血まみれの自分と、刃のない自分のボロを見ていた。
この話は、私たちが尋ねたときに、一度だけ怖い話として話してくれました。
バンザイチャージで無駄になった命のためにFボタンを押す。
驢馬に導かれた獅子が奈落の底に落ちていく完璧な例だ。
日本の指導者の中で唯一のライオンである栗林忠道氏は、バンザイ突撃を禁止した。
信念と祖国のために自己を犠牲にしたすべての兵士に敬意を表する。
突撃の激しさ、地獄絵図が伝わってくるようです。
英軍のゲルナディアーズが行進するが、香港で日本軍を守るために弾薬を使い果たす。
このような戦いの恐ろしさを垣間見ることができ、本当に好きです。
私の曾祖父は、日本海軍の駆逐艦の砲手として従軍し、原爆投下を目の当たりにしました。
彼の駆逐艦は1週間後に出撃して撃沈され、病院にいるときに原爆の一つが落ちるのを見たそうです。
大伯父はガダルカナルの戦いで日本軍に従軍し、戦前にアメリカに渡っていた私の家族の一部は強制収容所に入れられました。大変な時代でした。
毎日、目が覚めると戦いの中にいるような気がする。
なんという不義理だろう。
天皇のために死ぬのに、2分50秒かかったのだ。
太平洋最大の戦車戦、太平洋最大のバンザイ突撃、ピアハーバーとミッドウェイの指揮者がそこで生涯を終え、人類史上最大の海戦がその海岸で起こり、飛行場はアメリカの爆撃機を東京の射程に収めたのです。
連合軍の兵士が死んでいく音が聞こえるほど細かい。
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました