ネタ

【朗報】 中世ヨーロッパ人「ペスト怖いンゴ…せや!一生身体洗わずに垢で毛穴塞いで防いだろ!」

ネタ

引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1668379287/

1347年から1350年の3年間で、2500万人(ヨーロッパの総人口の3割)もの命を奪った伝染病、ペスト。当初は発生源も感染経路もわからなかった。

1348年、パリ大学の医学研究グループの1つが、その原因に関する公式見解を発表。

「原因は大気中の有害物質にあり、それが鼻や口や、そして皮膚の毛穴から体内に侵入する」

風呂につかるのは自殺行為とみなされるようになる。なんとしても、水に入ることは避けなければならない。浴場は即時閉鎖。

その後の300年間、ヨーロッパ中のほぼすべての住民が入浴を完全にやめてしまった。

この記事への反応
この新しい理論から導き出された予防策は、できるだけ毛穴をふさぐということになる。
そんなわけで、それまで風呂で洗い流していた体内からの排出物は、保護膜として働く重要なものに変わった。

厚い膜ないし層ができれば、それだけ有害物質の皮膚からの侵入を防ぐことができるという理屈である。

油脂、パウダー、香料などが体臭を抑えるために使われ、髪もよほどの場合にしか洗わず、ほとんどブラシをかけてパウダーをはたくだけだった。結果、階層や職種に関係なく、あらゆる人々の頭と体がシラミやノミだらけになっていた。

そして、各国の君主も皆、臣民以上に不潔だった。

16~17世紀イングランド国王ジェームズ1世は、生まれてこのかた手の指しか洗ったことがないと公言し、17世紀フランス国王ルイ13世にいたっては、「股の間のにおいが自分でわかるぞ」と自慢し称賛されたという。

18世紀の終わりに、薬湯の効能が見直されるようになると、ようやく水は社会的地位を取り戻し始める。

イングランドでは、水に入ればほぼなにもかも治るという話で持ちきりになったという。

臭そう
でも当時はほんま恐怖やったやろな
まあ当然の発想やとは思う
1350年の大学とかどんなんやったんやろ
当時ヨーロッパ世界最大都市のパリ(人口15万人)という大都会で華やかな学生ライフ送ってたんやろか
当時の大学って宗教施設の一種やろ
今のマスクみたいなもんやな
ホントは息苦しくなって口臭悪化してコロナにもかかりやすくなり熱中症になるのに着け続けるようなもんや
マスクは周りにウイルス広げないようにするための物やぞ。それにコロナ前も花粉の季節やインフル流行った時は付けてたやん。
パリ大学ってすげー歴史ある大学なんやな
一番古いのはボローニャ大学で大体1000年ぐらい
パリ大学に人員取られすぎたからオックスフォード大学が1066年ぐらいにできたとか聞いたことある
湯冷めして風邪引く事もあるしペストにかかる原因と思われてもまぁしゃーない
なおペスト菌が発見されるのはここから550年
当時の水はきたないからな
中世ヨーロッパて好きな日本人多いけど実際は地獄よな
ヨーロッパ風が好きなだけか
まーたヨーロッパ好き叩き始まったよ
好きにさせろや
1066年のイングランドとかほぼ土人と変わらんウホウホ文明やった筈なのに大学とかちゃんとあったのが凄いわ
人口数百人で都会みたいな世界やぞ
ぶっちゃけ1000年後くらいで見ればワイらがやってることも似たようなレベルやろ
それ
100年でももう全然違う世界やろうし
白人にワキガ多い理由
黒人「はぇ~」
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました